皮膚科インフォメーション

遅延型フードアレルギー検査

アレルギーとは?

実は、ほとんどすべてのものは、我々の免疫システムを刺激し活性化させる可能性を持っています。化学物質の多くと同様に、食物、花粉、動物の鱗屑、カビ、酵母菌、細菌等は最もよく知られているアレルゲンです。

我々の免疫システムは、我々の新陳代謝に対し危険、あるいは、かく乱作用の可能性があると見られるアレルギー抗原のひとつひとつに対し、免疫グロブリン(抗体)を作り出します。これらの抗体は、防衛措置の一環として著しい炎症プロセスを介在します。アレルギー症状は、これらの抗体によって引き起こされたプロセスの直接的結果と言えます。

牛乳、小麦、トウモロコシ、大豆、柑橘類、トマト、ピーナッツ等、一般な食物に対するアレルギー反応は、ウイルス感染や反復性の風邪と間違えられることがあります。多くのよく知られるアレルギー症状(疲労、頭痛、不安、鼻水や鼻の痒み、目の腫れ)と、その原因となるアレルギーとの関係に何年もの間気づかないこともあります。ストレスの増加、反復性の感染、健康の衰えによって、慢性アレルギーが更にひどくなることもあります。原因となるアレルゲンを見つけ出し、食生活から取り除くことをしなければ、年月を経ることによって、関節炎、胃腸病、自己免疫疾患、湿疹、片頭痛等といった、食物アレルギーに関連する深刻な症状が、慢性化する恐れがあります。

2種類の主なアレルギー反応

タイプI (即時型反応)

このタイプのアレルギー反応は、IgE抗体の介在によるものであり、通常はアレルゲンとの接触後ただちに発症します。特定のアレルゲンに反応した高レベルのIgE抗体により重篤なアレルギー反応が引き起こされます。このタイプの反応としては、喉の腫れ(呼吸困難)、じんましん、膨満感、胃痛・腹痛、喘息、突発性の下痢等が挙げられます。

タイプIII (遅延型反応)

遅延型タイプの反応は比較的目立たず、かつ、アレルゲンとの接触後数時間から数日経って初めて反応が出ることから、原因の特定がより困難です。遅延型反応は、多くの場合、食物アレルゲンに対する過敏性からきています。このタイプのアレルギーは、よく「隠れアレルギー」と呼ばれます。慢性疲労、関節炎、じんましん、湿疹、頭痛、水分貯留、過敏性腸症候群、その他、多くの慢性症状が、未治療のIgG抗体の介在によるアレルギー反応であることに気づかれないまま放置されています。

アレルギーに関する症状

医学的検査における最新・厳格なテクノロジーにより、少量の血液サンプルから100種類以上の食品と50種類以上の異なる吸入抗原に対する免疫システム反応を測定することが出来るようになりました。これらの個々の抗原に対するIgE抗体とIgG抗体の実際のレベルを正確に測定することが可能です。USバイオテックのアレルギー検査は、あなたの食生活や環境から何を避ける必要があり、何を取り入れてよいのかを簡単に見出し、アレルギー反応を最小限に留め、あなたの身体に休息と回復の時間をもたらすお手伝いをします。

検査結果レポート サンプルのご案内


ファイルを開く

IgG食物過敏セミパネル


午前
午後
月・水~金
10:00-13:00
(受付12:30)
14:00-19:00
(受付18:30)
土曜日
10:00-13:00
(受付12:30)
14:00-18:00
(受付17:30)
第2・4日曜日
10:00-13:00
(受付12:30)

※予約優先制とさせていただきます。
※土曜日、日曜日は、完全予約制となります。

インターネット予約受付
当院のご利用が初めての方
受付
午前
午後
10:00-12:00
16:00-18:00
(土曜日は17:00)

厚生労働大臣が定める基準に従って、平日18時以降と土曜日12時以降は150円(3割負担の場合)の加算があります。ご了承ください。

コンテンツに戻る

診療カレンダー

下記カレンダーをご参照ください。
休診日は赤く表示されています。
午後休診等の場合は、青く表示されています。
マウスカーソルを合わせていただきますと詳しい内容が表示されます。

Calendar Loading
Calendar Loading