皮膚の病気について

皆様、こんにちは(^O^)/
寒い日が続きますが、体調は崩していませんでしょうか?
久しぶりのブログ更新となりますが、本年もよろしくお願いいたします♪

最近、にきびは皮膚の病気であるという正しい認識をお持ちになり、
治療を希望される方が多くなっています。

そこで今回はニキビができてしまう原因についてお話しします('◇')ゞ

«ニキビには様々な悪化因子があります»

皮膚のバリア機能の低下・乾燥肌・ストレス・睡眠不足・不規則な生活・月経前・便秘

また、紫外線もニキビの悪化と関係があります!!

紫外線と聞くと夏のイメージがありますが、

ニキビの対策として、紫外線の対策も一年中していただくことが大事となります(^o^)b

日焼け止めの役割


紫外線対策、といえば日焼け止めクリームが思い浮かびますよね。
実は、紫外線対策には「塗る」方法以外に「飲む」方法があります。

「塗る」→直接皮膚に当たる紫外線を外側からブロック
「飲む」→肌老化の原因となる活性酸素(体のサビ)の発生を内側からブロック

「塗る」プラス「飲む」ことで肌の老化を内側からもブロックでき、しっかりと紫外線から肌を守ることができます。
飲み続けることでだんだんと日焼け対策効果が高まり、紫外線に強い肌になっていくのも嬉しい点です(^^)♪

そこで、今回は当クリニックで取り扱っている日本国内製造「飲む」日焼け止めの一つをご紹介します。

ソルプロプリュスホワイト


1箱30粒入り
午前中やお出かけ前に1日1粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がりください。
¥5,400(税込)
※医療機関専売商品です。

こちらの商品は紫外線対策に加えて、黄ぐすみやハリの低下の原因となる糖化も抑え、透明感やハリのある肌へと導いてくれるため、全身の日焼け対策と美肌効果を同時にケアできる商品となっています☆

商品に興味のある方は、受付にお声掛けください(*^^*)/”


皆様こんにちは!
もうすぐクリスマスですね!楽しい予定はお決まりでしょうか?

さて、ディフェリン、ベピオをご使用の患者様に朗報です。
ディフェリンとベピオの合剤である、新しいにきびのお薬 エピデュオゲル(保険適応) が処方できるようになりました。

先日、新発売記念講演会が ANAインターコンチネンタルホテル東京で行われ、参加させていただきました。
エピデュオゲルの効果や使用方法などについてたくさん勉強してきました。



にきびは慢性の炎症性疾患ですので、適切な治療の継続が大切な皮膚の病気です。
あきらめずに頑張って、一緒ににきびを治しましょう。


院長 村山


皆様こんにちは。
GW目前になりましたが、楽しい予定はお決まりでしょうか?
お天気に恵まれるといいですよね~

さて、にきびでお悩みの方に朗報です!
新しいにきびのお薬ベピオゲルが今月から処方できるようになりました。
それに伴い先日、新発売記念講演会が ザ・プリンス パークタワー東京で行われ、参加させていただきました。
会場は、お薬の講演会とは思えないほど、きらびやか☆
ベピオゲルの効果や使用方法についてなどたくさん勉強してきました。



ベピオゲルは、毛穴のつまりを改善する作用と抗菌作用をもつ、
高い安全性と有効性が認められている塗り薬です。

にきびは慢性の炎症性疾患で、適切な治療の継続が大切な皮膚の病気です!
あきらめずに一緒に頑張って、にきびを治しましょう!

院長 村山


皆さまこんにちは(^^)
色とりどりの花が咲きほこり、風にゆらゆらゆれる花たちを見ていると、なんとも穏やかな気持ちになりますよね。私は新緑が美しいこの時期が一番好きです♪
これからゴールデンウィークに向けて、いろいろと計画を立てている方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^)

それでは今月の花から
<アマリリス>
原産国) 南アフリカ  ヒガンバナ科の球根
属 名) ヒップアスルム(馬のように大きく 星のような花という意味)
花言葉) 誇り すばらく美しい 強い虚栄心 おしゃべり
ここでアマリリスの花にまつわる神話をご紹介したいと思います。
ギリシャにアマリリスという羊飼いの少女が暮らしていました。
アマリリスは羊飼いの少年アルテオに恋をしていました。
しかしアルテオは花がとても大好きで、彼に花を届けてくれる少女に好意をもっていました。
これに絶望したアマリリスは神に祈りました。するとお告げと共に1本の矢を受け取りました。
アマリリスはお告げの通りに自分自身を傷つけました。
傷から流れた血からとても美しい花が咲き、それをみたアルテオはひざをついてアマリリスに愛を告げ、アマリリスの思いは見事に叶い、のちにこの花はアマリリスと呼ばれるようになったそうです。
花言葉のおしゃべりは、少女アマリリスがとてもおしゃべりだったとか。
また花が咲いた時、隣の花と顔を見合わせておしゃべりをしているように見えるからとも言われています。
大きく鮮やかな赤い花ですが、華やかさと清楚さが合わさった不思議な花だと思います。
アマリリスの花を見かけたら、この神話を思い出してくださいね。
きっと、なるほどと納得してくれると思います。

それでは最後に疾患についてお話したいと思います。

接触性皮膚炎

なんらかの原因物質が皮膚に触れることにより起こる炎症
一般的にかぶれと呼ばれます。
原因物質そのものが皮膚を刺激して生じる場合
原因物質によるアレルギー反応で生じる場合
日光が関与する場合もある。

症状

原因物質が触れたところが赤くなったり、ぶつぶつ盛り上がった発疹や水ぶくれができ、多くはかゆみを伴います。

治療

ステロイド内服、外用薬
抗ヒスタミン薬
保湿剤などがあります。

いまの時期、お庭のお手入れなど植物に触れて気付かぬうちにかぶれる事があります。
手袋や長袖の衣類などを着用し、接触部位の予防に心がけましょう。
その他日用品、職業性、化粧品、医薬品、金属品などでおこる接触性皮膚炎はさまざまです。
気になる症状がありましたら皮膚科にご相談くださいね。

はつき皮膚科クリニック Tel.099-806-1300
スタッフ hirahata


皮膚の病気について

カテゴリー

皮膚科

午前
午後
月・水~金
10:00-13:00
(受付12:30)
14:00-19:00
(受付18:30)
土曜日
10:00-13:00
(受付12:30)
14:00-18:00
(受付17:30)
第2・4日曜日
10:00-13:00
(受付12:30)

※予約優先制とさせていただきます。
※土曜日、日曜日は、完全予約制となります。

インターネット予約受付
当院のご利用が初めての方
受付
午前
午後
10:00-12:00
16:00-18:00
(土曜日は17:00)

厚生労働大臣が定める基準に従って、平日18時以降と土曜日12時以降は150円(3割負担の場合)の加算があります。ご了承ください。

メディカルエステ
(予約制)

午前
午後
月・水~土
-
14:00-16:00
コンテンツに戻る

診療カレンダー

下記カレンダーをご参照ください。
休診日は赤く表示されています。
午後休診等の場合は、青く表示されています。
マウスカーソルを合わせていただきますと詳しい内容が表示されます。

Calendar Loading
Calendar Loading